農家の想い

私たちが大切にしていること

ブルーベリー狩りしているファミリー

Mission(ミッション)私達の使命

安心で安全な、おいしい健康を応援します!
農薬除草剤を使用せず、誰もが安心しておいしく食べられるものを追求しています!

日本を農業から元気に!
観光農園として立川を盛り上げ、地域の活性化に貢献できるような元気な農園を目指しています!

Vision(ビジョン)私達が目指すもの

日本一のブルーベリー農園になること

もっと畑を通じて食を身近に感じて欲しいという想いから、4シーズンプログラム(四季の畑育体験)など会員向けの体験イベントを通年を通して実施しています。


萬田ブルーベリー農園公式キャラクター「たちぶるちゃん」

萬田ブルーベリー農園のロゴ

立川の「たち」にブルーベリーの「ぶる」を合わせ「たちぶるちゃん」です!ブルーベリーの実を顔で表現していて、上着はブルーベリーの葉スカートはブルーベリー花(春に白い花を咲かせます)たちぶるちゃんですので、立って震えていることにもかけています(笑)


萬田農園のこだわり

萬田ブルーベリー農園の園主

ブルーベリー狩りを楽しんで頂く観光農園として、ファミリーの方も多いため、授乳室やオムツ替えスペースなども用意をしたり、「安心・安全」という萬田ブルーベリー農園のキーワードは、農薬や除草剤を使わないブルーベリー作りだけでなく、観光として来園頂くお客様にも常に意識をして農園の運営に取り組んでいます。

歴史 創業文久元年(1861年)頃、江戸時代末期の幕末に萬田綱蔵が創業

萬田ブルーベリー農園3代目園主の写真

萬田ブルーベリー農園は江戸時代末期の幕末、文久元年(1861年)頃に萬田綱蔵が東京の砂川(立川)の地で 小作人として農業を営んでいたのが始まりとなります。※祖先の調査で事実が確認できた範囲はここまで、実はさらに歴史は古いですがこれより以前は今では調べることができないため)写真は3代目園主萬田勝太郎・ミヤ、4代目園主萬田實の若かりし頃です。初代萬田綱蔵の写真は探しましたが、江戸時代のため古すぎてありませんでした・・・(笑)ちなみにちょうど日本で写真館が誕生したのが1861年です。江戸の薬研堀(現在の中央区東日本橋一丁目から二丁目あたり)に鵜飼玉川氏がアメリカ人の写真家「フリーマン」からカメラを購入し、日本人による最初の写真館を開いた年が1861年です。

日本ブルーベリー協会の正式会員です


日本ブルーベリー協会ロゴ

「日本ブルーベリー協会」は、平成6年8月27日、東京において設立されました。 ブルーベリー生産者を中心に、全国ネットワークの組織を作り、我が国のブルーベリー産業、 ブルーベリー文化の確立を目指しております。農協、県・市町村等の行政機関、大学・試験場 の研究家、流通・加工利用に取り組んでいる企業、そして消費者の方々をも含んだ広範囲の皆様を対象に活動しております。